ファンデーションも重要だな

紫外線が強くなる季節、シミやそばかすがいつもよりも気になる。でも日焼け止めクリームなどはベタつくから使いたくない人は意外と多いのではないだろうか。自分自身がそうだから。普段あまりメイクを熱心にしないのに加え、日焼け止めクリームを使用すると夜のクレンジングも欠かせないし・・・。しかし通勤、通学程度の2時間くらいまでの外出ならパウダーファンデーションだけでも結構紫外線を跳ね返す力があると知った。特別紫外線カットのファンデーションでなくても、ある程度は効果があるというのだ。それを知ってから、(だったら年中通して出来そうだ)と思った。スキンケアに手を抜いていた時期は、下地クリームなしではパウダーファンデーションを塗ってもうまく肌に乗らずに、殆ど素顔と変わらない感じだった。実際、よくあう友人には「あれ?いつもスッピンでしょ?」と言われていてショックを受けたこともある。しかし丁寧なスキンケアをしてから、パウダーファンデーションだけでも肌にスーッと伸びて、きれいにカバーしてくれるようになった。念入りな下地も不要になった。それでもやはり長年作り続けてしまったシミはしっかり見える。こうなると、シミをどうにか除去したい!と強く思うようになった。シミの種類によっては化粧品で薄くしたり消すこともできるらしいのだが、どうやら私のシミには効果がないようだ。となると、美容皮膚科でのシミ除去となる。時間もさほどかからないらしいのだが、経験者の話によるとどうやら治療後(どれくらいの期間かは定かではないが)紫外線には出来るだけ当たらないように指導されるらしい。よって、彼女は外出時はいつも帽子からサングラスなど完全防備で出かけているという。でもシミがキレイにとれるなら、私も一度話しだけでも聞きに行きたい。
人によって紫外線の対策方法も違うと思いますが、やっぱり日傘を使ってる人も多いなって印象があります。私は雑なので、すぐに忘れてしまうんですが、日傘プラスファンデで基本的には大丈夫かなって思ってます。あまり神経質になるのも嫌なので、ある程度のラインでケアしておきたいところです。万が一日焼けしてしまったら化粧水でもいいので、とにかく悪化しないように気をつけたいところです。この年にもなるとアウトドアでの活動も少なくなってますし、大丈夫と思いますが、油断は禁物だな。海なんかに行くことも本当になくなりました。嬉しいことではありませんけどね。
いわゆる飲む日焼け止めサプリが若者に支持されるとはちょっと予想外かな。